大阪府行政書士会登録4679号 日本行政書士会連合会登録03261993号
 帰化HOME >> センター業務案内(行政書士業務など) >> Pick Up!
 >> 地下鉄谷町4丁目から大阪法務局・入国管理局への道程/帰化申請、在留資格認定
[帰化申請で法務局へ01] [帰化申請で法務局へ02] [帰化申請で法務局へ03] [帰化申請で法務局へ04] [帰化申請で法務局へ05] [帰化申請で法務局へ06] [帰化申請で法務局へ07] [帰化申請で法務局へ08] [帰化申請で法務局へ09] [帰化申請で法務局へ10] [帰化申請で法務局へ11] [帰化申請で法務局へ12] [帰化申請で法務局へ13] [帰化申請で法務局へ14] [帰化申請で法務局へ15] [帰化申請で法務局へ16] [帰化申請で法務局へ17]

大阪法務局への道程/帰化申請、在留資格認定


 このページでは、谷町四丁目駅から大阪法務局への道程を写真画像でご紹介しています。
国際結婚などの在留資格認定や帰化申請の際にお役立て下さい。
 

谷町4丁目駅から大阪法務局へ/帰化申請、在留資格認定[17]


帰化申請の「相談室」の入り口


相談室の入り口

   自分の順番が来て呼ばれたら、 奥の白いドアから中に入ってください。
 帰化の本申請で行政書士が同行した場合、大抵の場合、先に行政書士だけが呼ばれ、書類について最終の確認をします。書類のチェックが済めば、ご本人と交代して帰化本申請時の「仮面接」が行われます。
 帰化申請の仮面接で良く聞かれるポイントなども、行政書士からアドバイスを受けているので安心です。職員の方には、何事も正直にお話しください。
 ただ、仮面接では一般的にあまり深い質問はありません。数ヵ月後にある「面接」の予行演習だと思えばいいでしょう。

 ※このドアから向こうは執務ゾーンとなりますので、写真集はここで終わりです。
  がんばってください!!


前へ|次はありません。















 一般にASC申請支援センターに帰化申請をお任せいただいた場合、ご本人が法務局に出頭されるのは、「本申請」「面接」と晴れて帰化が許可された際の「帰化者の身分証明書の交付」の3回のみとなります。
 事前相談で何度も足を運び書類の不備を指摘され続けて、過去にあきらめられたご経験をお持ちの方も多いことでしょうが、いちど当センターにご相談ください。

 ご相談CALL 06−6949−5931 (コクサイ)