大阪府行政書士会登録4679号 日本行政書士会連合会登録03261993号
 帰化HOME(大阪府大阪市) >> 申請支援センターについて >> ASC Information

ASC申請支援センターだより


 このページでは、ASC申請支援センターからのお知らせやご報告等をご紹介しています。
 

20051222 知的財産関連記事


大阪府行政書士会知的財産特別委員会講演

 去る平成17年12月22日(木)、大阪府行政書士会館に於いて、知的財産委員会主催の知的財産分科会が開催され、「角川NPO商標取消の経緯と今後」と題して、当センター長の講演が行われました。

 講演の内容は、滑p川ホールディングス(出願当時滑p川書店)により登録された第4665822号商標「NPO」に対する異議決定がなされ、本年7月20日に取消の確定登録に至った経緯と、特許庁判断における争点を考察し、今後の商標法の適用における留意点をまとめたものでした。

 今回の講演は、行政書士の行う定款や組合契約業務等に関連し、新会社法において商号権の範囲が狭まり不当競争防止法とともに商標法の比重が高まりつつある中で、この事件が今後に与える影響を明確にする主旨で行われたものです。

 今回、主たる争点となった審査基準についての特許庁の判断の要旨から、決して先例変更や審査基準の変更でなかった事について言及がなされ、特に、特許法第3条1項6号以下の適用順序についての現在の特許庁の方針がこの事件で明白になった事が報告されました。

 最後に、様々な事件が度重なる昨今、行政書士の行う申請においても「申請が通れば良い」というだけでなく「世の中に開示された際に市民の賛同を得られるものであるか」を注意深く意識して業務にあたるべきことが主張されました。
(2005.12.23 記)