帰化申請専門サイト/法務局への帰化申請について解説しています。

ASC申請支援センターだより/帰化申請情報など


 このページでは、ASC申請支援センターからのお知らせやご報告等をご紹介しております。

20180205 帰化関連イベント情報記事


<国際業務研修>帰化実務研修開催のお知らせ

※申込期限は2月2日(金)でしたが1月9日(火)を持ちまして100名の定員が予約満了となり受付予約終了しました。昨年末の12月30日頃に行政書士大阪平成30年1月号で告知され、行政書士会本会の仕事始めが1月5日(金)でしたから、実質2営業日での満了です。皆様のご期待に身が引き締まる思いです。

 帰化申請の実務研修を、来る平成30年2月5日(月)午後1時30分より大阪府行政書士会本会3階大会議室及び5階第二大会議室ABにて開催いたします。
 3階が満員となると5階の第二大会議室ABでビデオプロジェクタによる生中継での受講となりますので、予めご了承ください。
 かれこれ10年来、大阪府行政書士会主催の帰化申請実務研修(本会研修)を申請支援センターが担当させていただき、年初恒例の研修となりました。

 昨年から法務局での中国人の帰化申請の流れに変化があったので、今回の研修は韓国籍以外の方の帰化申請にも対応できる内容としています。この実務研修は大阪府行政書士会本会主催の研修会で国際専門部会が協力して行うもので、行政書士として新たに帰化申請業務を始めたいと考えていらっしゃる初心者でもご理解いただける研修内容としております。

 平成28年からは帰化申請の手引きが更新され、また、韓国領事館や中国領事館での扱いが変わったり、帰化申請に関連する周辺法令が改正されるなど、帰化申請手続きを進めて行く上で注意すべき変更点が幾つもありましたので、今回の帰化申請実務研修においても整理しておきたいと存じます。

 申し込み締め切りは2月2日(金)ですが、毎年広報から1,2週間で早めに満席となり締め切られているようです。


(写真は前年の帰化実務研修風景)

 例年、他府県の行政書士の方も参加されていらっしゃるようです。単位会の行政書士の方の参加は大阪府行政書士会を通じて事業部長の承認により許可されます。
 私が勝手に決められませんので、他の都道府県の行政書士の方は大阪府行政書士会に直接電話で問い合わせてみてください。
 たぶんご自分が所属する都道府県の行政書士会を通じて大阪会に聞いてもらった方がより承認をもらいやすいのではないかと存じます。私には権限もありませんので断られたらごめんなさい。

帰化申請実務「専門研修」
 
 研修名 : 帰化申請実務「専門研修」
 主 催 : 大阪府行政書士会 本会 (国際業務研修)
 日 時 : 平成30年2月5日(月) 午後1時30分〜4時30分
 場 所 : 大阪府行政書士会 本会 大会議室(3階及び5階AB)
 内 容 : 顧客との折衝・聴取、帰化申請条件、帰化申請の流れ、帰化申請書類
       ※平成27年2月以降の新書類に対応しています。
 ご注意 : 当センターに直接参加申込はできません。本会月刊誌「行政書士大阪」に掲載された後、大阪府行政書士会ホームページからお申し込みください。申込期限は平成30年2月2日(金)でしたが1月9日(火)を持ちまして満了となりウェブ申込は終了しました。  

 本会研修会、帰化実務研修申し込みページ

上記ネット申込の方が断然楽だと存じますが、何らかの事情でログインできない方のために、FAX申込書をブログにアップロードしておきました。
帰化許可申請に関する研修会記事  
<ASC申請支援センターの帰化申請相談会について>

 帰化申請は集める書類も作成する書類もたいへん多く(約60種類)、また許可までの期間も非常に長く相談・点検・受付・面接などこなすべきイベントも多いので、個人ではなかなか困難な申請ですから、専門家の手助けが必要な際は、ぜひ申請支援センターにご依頼ください。
 しかしながら、ご連絡いただく方の3人に1人は、帰化要件を満たしておられない状況ですので、必ず「面談にて」状況をお聞きしないと、帰化申請の要件を満たされているか判断できません。
 ASC申請支援センターからの申請をされる予定の方については、毎週土曜日の相談会に参加することができます。相談会で帰化ができるかを判断してから受任することになります。
 毎週、午後1時、2時、3時、4時の四組のみですので、必ず電話予約の上、ご参加ください。
 帰化相談会予約専用電話 帰化相談会専用電話
 電話受付時間:午前9:00〜午後10:00(土日祝日OK)