帰化申請専門サイト/法務局への帰化申請について解説しています。

ASC申請支援センターだより/帰化申請情報など


 このページでは、ASC申請支援センターからのお知らせやご報告等をご紹介しております。

20150205 帰化関連イベント情報記事


<国際業務研修>帰化実務研修開催のお知らせ

帰化申請の実務研修を、来る平成27年2月4日(水)午後2時より大阪府行政書士会本会大会議室にて開催いたします。
 早いもので、大阪府行政書士会主催の帰化申請実務研修(本会研修)を申請支援センターが担当させていただくようになって久しく、年初恒例の研修となりました。

 平成24年7月9日に帰化申請書類や帰化条件該当性の審査基準が変更された以降の帰化許可の判断基準や提出書類について説明します。
 平成26年中の法務局・法務省での審査の現状の変化にも留意してお話ししたいと考えています。

 この実務研修は大阪府行政書士会本会主催の研修会で国際専門部会が協力して行うもので、「経験者・知識習得希望者向け専門研修(大阪府行政書士会セミナーカテゴリ3−B)」ではありますが、行政書士として新たに帰化申請業務を始めたいと考えていらっしゃる初心者でもご理解いただける研修内容としております。


(写真は過去の帰化実務研修風景)

 一昨年までの研修では、様々な国籍の様々な在留資格の申請者にも対応できるように研修プログラムを組んでいましたが、今後は全体研修は基礎的な内容に限定し、業務の専門知識は各部に所属して磨いていくという大阪会の方針により時間が短縮されましたため、各事務所にて受任機会の一倍多いと考えられる「韓国籍で特別永住者」の方の帰化申請手続に絞って昨年より講義しています。
 帰化申請の「基礎」を身に着けたいと考えられる行政書士の方にとっては、かえってわかり易いかもしれません。
 

 例年、他府県の行政書士の方も参加されていらっしゃるようなので、おそらく大阪府行政書士会を通じて国際部の承認を得れば、他単位会の行政書士の方も参加できるのではないかと存じます。
 私が勝手に決められませんので、他の都道府県の行政書士の方は大阪府行政書士会に直接電話で問い合わせてみてください。
 たぶんご自分が所属する都道府県の行政書士会を通じて大阪会に聞いてもらった方がより承認をもらいやすいのではないかと存じます。
 但し、昨年までは定員が100名のところ毎年申し込みが定員を超えていたところ、大阪府行政書士会が新築され新しい大会議室の定員が80人に減っているので、早めに問い合わせられた方が良いと存じます。

 

帰化申請実務「専門研修」
 
 研修名 : 帰化申請実務「専門研修」
 主 催 : 大阪府行政書士会 本会 (国際業務研修)
 日 時 : 平成27年2月4日(水) 午後2時〜4時
 場 所 : 大阪府行政書士会 本会 大会議室
 内 容 : 顧客との折衝・聴取、帰化申請条件、帰化申請の流れ、帰化申請書類
       ※平成24年7月9日以降の新制度に対応しています。
 締切日 : 平成27年1月29日(木)
 ご注意 : 当センターに直接参加申込はできません。次のリンクより大阪府行政書士会本会へ直接お申し込み下さい。  

 本会研修会、帰化実務研修申し込みページ
(12/4現在未掲載。年末あたりから、申込みページが掲載されると存じます。)
 
<ASC申請支援センターの帰化申請相談会について>

 帰化申請は集める書類も作成する書類もたいへん多く(約60種類)、また許可までの期間も非常に長く相談・点検・受付・面接などこなすべきイベントも多いので、個人ではなかなか困難な申請ですから、専門家の手助けが必要な際は、ぜひ申請支援センターにご依頼ください。
 しかしながら、ご連絡いただく方の3人に1人は、帰化要件を満たしておられない状況ですので、必ず「面談にて」状況をお聞きしないと、帰化申請の要件を満たされているか判断できません。
 ASC申請支援センターからの申請をされる予定の方については、毎週土曜日の相談会に参加することができます。相談会で帰化ができるかを判断してから受任することになります。
 毎週、午後1時、2時、3時、4時の四組のみですので、必ず電話予約の上、ご参加ください。
 帰化相談会予約専用電話 帰化相談会専用電話
 電話受付時間:午前9:00〜午後10:00(土日祝日OK)