帰化申請|申請支援センター|大阪市の行政書士事務所

帰化申請VISA(在留資格・永住申請)の専門家、申請支援センターのホームページです。

ASC申請支援センターは、大阪府大阪市中央区に事務所をおく特定行政書士事務所で、日本全国の帰化の申請を取扱っています。このサイトでは、帰化申請の条件や必要書類、手続きの方法、帰化申請の期間、費用などをご説明しています。関西では大阪市の生野区東成区城東区鶴見区や東大阪市、神戸市の方の帰化申請が多いです。韓国人だけでなく中国国籍や台湾国籍、ベトナム国籍の方の帰化申請も扱っています。

行政書士による帰化申請相談会の開催情報

次回の帰化申請相談会開催日のお知らせ(韓国・中国籍の国籍相談等)

帰化・入管「 駅前 」相談会のお知らせです。

ASC申請支援センターでは毎週土曜日、当センターからの申請のご依頼を真剣に検討されている方のための相談会を行っています。

親切、ていねいな行政書士相談員が帰化申請(日本国籍取得)や国際結婚での在留資格認定(配偶者の呼び寄せ)等のご相談にお答えしています。お気軽にご予約下さい。「帰化申請の経験豊富な」特定行政書士があなたの悩みを解決します。

電話受付時間AM10:00~PM10:00

土曜、日曜も予約受付しています。

帰化申請相談会はこちら

 

第661回 ASC申請支援センター土曜相談会

次回相談日:平成30年9月23日(日)

地下鉄谷町線天満橋「③出口」谷町筋ぞい南へすぐ)または、地下鉄中央線谷町四「①A出口」谷町筋ぞい北へ5分)

参考リンク:事務所のご案内ページ

↓クリックで地図

大阪市中央区谷町2-1-22フェアステージ大手前ビル7F

帰化申請などの相談時間は13:00,14:00,15:00,16:00の四枠だけです。1日に4組しか面談できない関係上、満員の場合は次週の扱いとなります。その週の前半にお電話いただくと、比較的予約が取りやすいです。(直近5年の実績では、ほぼ毎週、満員となっています。)前の時間の方の相談が延びた場合「長くお待ちいただく」事もありますがご了承ください(とくに3時,4時のご予約の方)。みなさん人生の大事な話ですので途中で打ち切れない場合があるからです。

 

帰化申請相談会予約状況

9月23日(日)は13:00,14:00が既に予約済となっています。

(上記は9/15現在。ASC申請支援センター帰化申請相談会のご予約はお早めに。)

9月は来春の就職や進学を前にご相談の多い季節です。「帰化申請で15年来」の実績のASC申請支援センターがご相談になられるあなたの帰化申請をしっかりとサポートいたします。

帰化相談会では、あなた自身が申請可能かどうかの判断をいたしますので、家族全員の①特別永住者証明書・在留カードなど、②5年内のパスポート(更新前のものも含む)、③運転免許証、④認印をご用意ください。また、自営業・会社経営者の方は⑤直近の確定申告書(決算報告書一式含む)もお持ちください。帰化申請を急がれる方は⑥過去に取得した本国戸籍のコピーや⑦国民登録証などをお持ちいただいた方が良いでしょう。尚、参加できなくなった場合は「必ず事前に」キャンセルのご連絡をなさって下さい。どなたも人生に一度の大事な相談に来られる中、真面目な他の予約の方に次週にまわっていただくことも多い状況でありますことをご理解下さい

  • 予約電話 帰化申請予約電話 (コクサイとおぼえてください。)
  • 予約電話は、土・日・祝日も含め、夜10:00まで受け付けています。
  • 予約満員の際は翌週となりますので、ご予約はお早めに。

ご結婚や出産、来年度の就職や進学を控えてお急ぎの方については平日や日曜日の相談や出張相談も承っております。ご自分で申請する予定の方は有料相談をお使いください。まずはお電話で、お気軽にお問い合わせ下さい。(有料相談でもご依頼になられた場合には申請料金に充当しますので、無料の場合と変わりありません。)

 

帰化相談会会場、受付

ASC申請支援センターの帰化申請相談会場受付
ASC申請支援センターロビー(受付)/谷町筋大阪法務局(本局)前事務所

大阪市中央区谷町2-1-22 フェアステージ大手前ビル7F ←クリックで地図

(谷町筋沿い大阪法務局玄関北側)

地下鉄谷町線「天満橋駅」より南へすぐ(東梅田から5分運賃200円)

京阪「天満橋駅」より南へ徒歩3分(京阪三条から47分運賃400円)

 

帰化申請相談ブース・待合室

ASC申請支援センターの帰化申請相談ブース
帰化相談ブース/大阪法務局北隣事務所

ASCの相談会は、いずれもプライバシーの守られる個室ブースでの個別相談です。涼しく、清潔で、整理整頓されたブースでゆっくりと落ち着いてご相談下さい。

(比較的開業して間もない事務所さんにありがちな、自宅マンションの応接間や、ベンチャーオフィス・インキュベーションオフィス・レンタルオフィスなどの共用会議室ではありませんので、プライバシーと深くかかわる帰化申請などのご相談も安心してご相談いただけます。行政書士事務所を選ぶ際には、どのような事務所なのか、実際に出向いて確認いたしましょう。)

 
ASC申請支援センターの帰化申請相談待合室
帰化相談待合室

申請支援センターの相談会は満員になることが多いので、前の方の相談が長引きましたら上記待合室でお待ちいただくことがあります。あらかじめ、ご了承ください

 

帰化に関連する法令への対応

「帰化申請といえば申請支援センター」との評価にお応えできるよう、次のような最近の重要な法改正の際に「常にいち早く」準拠・対応して帰化の申請業務を行って参りました。(常に施行前から対応策を立てていますので早いのです)

  • 平成30年7月、韓国在日公館親養子入養関係証明書交付ルール変更
  • 平成28年10月、勤務医、会社役員の帰化申請難化対応
  • 平成28年5月13日以降、中国国籍喪失手続きの変更
  • 平成27年1月5日以降初回相談分、韓国書類書類変更(追加)
  • 平成26年6月18日改正7月21日施行、韓国国籍法施行規則
  • 平成26年2月5日改製、台湾(中華民国)新式戸籍謄本及び戸口名簿
  • 平成26年2月1日変更、平成25年総務省勧告後添付書類変更
  • 平成25年7月1日施行、韓国民法改正、帰化の能力条件その他への影響
  • 平成24年7月9日施行、外国人登録法廃止・住基法入管法改正(添付書類変更)
  • 平成24年6月版、新「帰化申請手引き」(帰化審査の厳格化)
  • 平成23年12月12日施行、韓国道路名住所法(登録基準地改訂変更)
  • 平成20年1月1日施行、韓国民法改正、家族関係登録法(添付書類変更)

とくに平成26年2月以降は各行政書士事務所のノウハウにより許可期間に差が出る案件が生まれています。とりわけ出産を控えた帰化申請の際は十分留意して下さい。

 

新着帰化申請情報など

大阪府行政書士会のくじらパーク相談会に呼ばれました

2016年の大阪府行政書士会くじらパーク相談会

 来る平成30年9月22日(土)になんばウォークのくじらパークで開かれる大阪府行政書士会主催の行政書士相談会に帰化申請専門相談員として招聘されました。くじらパークの相談会には第一回から毎回帰化相談員として参加しています。過去の相談会ではテレビ局の報道番組で私の相談風景を放送してもらえました。今年の私の出番は12:30からですので午後に取材があれば嬉しいですね!

 ちょうど当方の土曜相談会の日と重なりましたので、ASC申請支援センターの相談会は急遽「9月23日(日)」に開催する事になりました。普段、土曜日が都合の悪い方はまたとない機会だと存じますので、天満橋の事務所での相談会にご予約の上お越しいただければ幸いです。(写真は一昨年の写真)

 

大阪府行政書士会の帰化許可申請研修の講師を務めました。

 かれこれ10年来続けている大阪府行政書士会の本会帰化許可申請研修の講師を、本年平成30年度も務めさせていただきました。

帰化申請研修会募集/行政書士大阪

 これまでの受講者名簿を拝見すると、1,000人近くの行政書士の方に当方の講義を受講していただき、インターネットの検索上位を拝見すると、最近受講された多くの方々も活躍されておられ、ほんとうに嬉しく感じております。

※昨年は80名の定員が1週間で予約満員となりましたので今年は100名に増やしての募集でありましたが、申込期限が2月2日(金)であったところ1月9日(火)を持って満員となり実質2営業日で予約受付終了しました。皆様のご期待に身が引き締まる思いでございます。

 

ASC申請支援センターでは平成29年2月より帰化許可後の中国国籍喪失届出代行を始めました

 平成28年5月以降に中国の国籍証明書を取得して帰化申請をした中国人の方は、日本での帰化許可後に中国に国籍喪失の届出を必ず行う必要があります。

 申請支援センターでは、平成29年2月より中国の国籍喪失手続き(届出)の代行業務を行う事になりました。詳しくは下記リンクをご覧下さい。
中国人の帰化許可後の中国国籍を喪失したことに伴う手続き(中国国籍喪失届出)