帰化申請専門サイト/法務局への帰化申請について解説しています。

帰化申請書類の点検を受ける

 帰化申請の書類が集まった後、法務局で書類点検を受けることになります。このページでは、法務局での帰化申請書類の点検について、ご説明しています。

帰化申請書類の点検

帰化申請書類点検は大抵の場合、数度にわたります

 帰化申請の添付書類を集め終わり、作成すべき申請書類の記入が終われば、管轄法務局に書類点検に行くことになります。

 申請書と添付書類の内容によっては、帰化要件を満たさず、ここで終わってしまうこともありますから、帰化申請手続き前半の、非常に大きな山場です。

 法務局で順番待ちをしている際、中の様子を伺っておりますと、法務局から「やっと次回、受付可能です。よかったですね。」と言われて嬉しさのあまり声を詰まらせる方や、逆に、申請ができないことを告げられて事務室から泣き叫びながら飛び出してゆかれ法務局の相談員さんがなだめるために追いかけて来られる光景を何度も目にいたします。

 初回相談においては全部の書類が確定しているわけではなく、この書類点検において内容を確認してから必要な書類が発生する場合が多く、ほとんどの場合、複数回にわたって法務局と、外国官公庁、日本の官公庁の間を往復しなければなりません。

 事前相談時と書類点検時に話した内容は全て記録に残りますから、ここで一度、帰化申請ができないという判断をされてしまいますと、後から、何ごともなかったような顔をして、再申請をすることはできません。書類点検に行くまでの間に、申請書類と添付書類の内容をしっかり把握しておかなければなりません。その結果、問題があれば、書類点検に行くまでに、修復して姿勢を正しておくことが必要です。

申請支援センターでは行政書士が書類点検を代行します

 ほとんどの法務局では受付に至るまでの間は、行政書士による代行を認めてくれていますので、申請者に御依頼いただく場合は、本人が何度も会社や仕事を休んで法務局に行く必要はありません。

 また、ご自分で申請される場合には、はっきり申し上げて自分の申請内容や添付書類の内容を完全に把握されていないことが多いので書類点検時の質問に十分答えられない場合が多いですが、行政書士が代わって明確に説明をしてまいり、申請を受付に導きます。

 申請支援センターでは、初回相談時には法務局より厳しく聴取をおこないますし、あらかじめ、申請書類や添付書類の内容を細部まで確認していますので、この書類点検や受付などの流れの中で、ご本人自身は安心していただけます。

 申請支援センターのモットーは 「気楽に!」 です。

 気楽に、まじめに。

<ASC申請支援センターの帰化申請相談会について>

 帰化申請は集める書類も作成する書類もたいへん多く(約60種類)、また許可までの期間も非常に長く相談・点検・受付・面接などこなすべきイベントも多いので、個人ではなかなか困難な申請ですから、専門家の手助けが必要な際は、ぜひ申請支援センターにご依頼ください。
 しかしながら、ご連絡いただく方の3人に1人は、帰化要件を満たしておられない状況ですので、必ず「面談にて」状況をお聞きしないと、帰化申請の要件を満たされているか判断できません。
 ASC申請支援センターからの申請をされる予定の方については、毎週土曜日の相談会に参加することができます。相談会で帰化ができるかを判断してから受任することになります。
 毎週、午後1時、2時、3時、4時の四組のみですので、必ず電話予約の上、ご参加ください。
 帰化相談会予約専用電話 帰化相談会専用電話
 電話受付時間:午前9:00〜午後10:00(土日祝日OK)