帰化申請専門サイト/法務局への帰化申請について解説しています。

生計条件/帰化申請の条件

 生計条件は、帰化申請の条件(帰化要件)のひとつです。生計条件について、このページで説明をしております。

 ※ご注意 帰化申請では、帰化申請の条件をひとつひとつ判断していくのではなく「総合判断」がなされます。他の条件の状況やその人の環境によっては、条件は厳しくなります。ひとつの条件だけで判断できませんし、判断しても全く意味のないことです。

生計条件(帰化申請の条件)の条文

国籍法第5条1項4号

第五条 法務大臣は、次の条件を備える外国人でなければ、その帰化を許可することができない。

三 自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことができること。

生計条件(帰化申請の条件)の解説

「生計を営むことができる」とは

 普通に生活ができていればいいでしょう、そんなに堅苦しく考える必要はありません。

 ただし、所得と支出のバランスが整っていれば問題はありませんが、所得は申告している額でしか計算できません。(もちろん過少申告があれば素行要件から不許可案件となります)

 普通に生活ができているかどうかは、一緒に暮らす「家族単位」で考えてください。夫の収入でその家族が暮らしていけていれば、自分自身は稼いでいない専業主婦も申請できます。しかし逆に、自分には借金が無くても、家族の中に大きな借金があり生計に影響を与えていれば申請できません。

生計条件上の補足事項

生計条件の事項については、証拠書類が必要です

 生計条件に関する事項については、証拠書類が必要となりますので、帰化申請を考える方はあらかじめ書類の保管を心がけておいてください。

 とくに収入については、サラリーマンでは月々の給与明細や源泉徴収票、事業をされている方では決算報告書を含む税務申告書類一式、公的扶助に関する支給決定通知書などが必要です。

 支出についても家賃など固定的にまとまった金額が必要なものは証明書類が必要です。また、通帳などもきちんと記帳をして収入と支出の内容(相手先、金額)を確認しておいた方がよろしいです。

生計条件についてのご相談

 次のような方は、生計条件上、不許可となる可能性があります。どうしても申請したい方は、法務局に行く前に相談会に参加された方が有利だと存じます。

 ※いくら隠しても借金の有無や規模は、法務局に全てわかります。

  • 金融機関に大きな借金がある(リボ払いも含む)。
  • 奨学金の猶予期間合計が長い。
  • 自己破産・債務整理をしたことがある(家族を含む)。
  • 所得に比べて支出が異常に多い※1

 注※1.個人の会計で所得より支出が多くなることは本来ありえないことです。所得の金額に誤りがあるか、借金があるかのどちらかであり、いずれにしても生計条件だけでなく素行要件にも密接に関わってきます。
 また、将来にわたり長年暮らしていけるだけの貯蓄により生活しているような際には、その財産をどうやって形成したのか、また形成過程での納税はどうか、ということも考えておかねばなりません。

<ASC申請支援センターの帰化申請相談会について>

 帰化申請は集める書類も作成する書類もたいへん多く(約60種類)、また許可までの期間も非常に長く相談・点検・受付・面接などこなすべきイベントも多いので、個人ではなかなか困難な申請ですから、専門家の手助けが必要な際は、ぜひ申請支援センターにご依頼ください。
 しかしながら、ご連絡いただく方の3人に1人は、帰化要件を満たしておられない状況ですので、必ず「面談にて」状況をお聞きしないと、帰化申請の要件を満たされているか判断できません。
 ASC申請支援センターからの申請をされる予定の方については、毎週土曜日の相談会に参加することができます。相談会で帰化ができるかを判断してから受任することになります。
 毎週、午後1時、2時、3時、4時の四組のみですので、必ず電話予約の上、ご参加ください。
 帰化相談会予約専用電話 帰化相談会専用電話
 電話受付時間:午前9:00〜午後10:00(土日祝日OK)