帰化申請専門サイト/法務局への帰化申請について解説しています。

日本語条件/帰化申請の条件

 日本語条件は、帰化申請の条件(帰化要件)のひとつです。日本語条件について、このページで説明をしております。

 ※ご注意 帰化申請では、帰化申請の条件をひとつひとつ判断していくのではなく「総合判断」がなされます。他の条件の状況やその人の環境によっては、条件は厳しくなります。ひとつの条件だけで判断できませんし、判断しても全く意味のないことです。

日本語条件(帰化申請の条件)について明確な条文はありません

日本語条件が課せられる理由

 日本人になるわけですから、常識的に日本語が話せなければなりません。あたりまえのことです。

 ただ、帰化申請の条件として国籍法のどこにも「法務大臣は、日本語を使えない者には帰化を許可することができない。」とは書いていません。

 しかしながら、日本語が話せないと日本国内での経済活動に支障をきたすでしょうから、まず生計要件上の阻害要因となります。また、日本に暮らしているのに周囲の人々と交流し日本の社会に溶け込もうという努力を怠ってきたことは、定着性の面からも素行要件上も決して帰化するにふさわしくない人物と判断されても仕方ありません。

 駅や街角で、帰化した日本人と帰化した日本人が、外国語で会話する世の中を、もとから日本に住んでいる日本人は望んでいないからです。

 いずれにしても、明文上の要件ではありませんが、日本語を話すことができ、文字を読み書きできる人でないと、帰化申請を受け付けてもらえません。

日本語条件(帰化申請の条件)の解説

帰化申請に必要とされる「日本語のレベル」

 必ずしも専門用語まで覚えている必要はありませんが、普通の会話において不自由なく意思疎通ができ、一般的な日本語の文章を読み書きできるレベルが必要です。

 一般に小学校2,3年レベルといわれていますが、申請者が条件を満たしているかどうかは、慎重な見極めが必要です。

 もともと就学や留学の在留資格で来日し、その後人文知識・国際業務などの就労資格に資格変更されている方などでは、日本語検定1級や2級を取得されている方も多いですが、たとえ過去に検定に合格して日本語検定1級を持っていても現時点では帰化申請の日本語要件を満たさない方も多数いますし、検定など受けていなくても十分に要件を満たす方もいらっしゃいます。

 要するに、帰化申請時点での、実質的な「読み」「書き」「会話」の能力が求められるのです。
 社会に出てからキーボードばかり使っているために、十分に書けなくなってしまっている人も多いので、ASC申請支援センターでは独自の日本語練習プログラムを用意しています。

 もちろん、日本で生まれ育った特別永住者の方は、全く心配する必要はありません。

帰化申請をする前に、もう一度、考えてください

 とくに母国を同じくする外国人同士の家庭の方にお尋ねします。

 夫との会話、妻との会話、子供との会話など、現在、家庭内の会話は何語で話していますか?

 話せるということだけではなく、やはり日本人になるわけですから、日本語を母国語としてしまわないと不幸です。

 帰化申請は、日本に在留するための資格ではなく、日本人になるわけですから、子供のこと、孫のこと、もっと先の子孫のことも考えなければなりません。子供は日本語の上達が早いとはいえ、やはり普段から家庭内で使っていないと、微妙なイントネーションや響きが周囲の子供達と違ってきますし、そのことが原因で周囲の友達から疎外されたりすることのないよう考えてあげるのが親の務めです。家庭内で日本語を使うのが嫌と感じられるのであれば、日本人になるのはもう少し待った方が良いかもしれません。

 しかし、日本で生まれ育った子供は、確実に「日本人の心」を持って大きくなっていきます。

 日本人の心を持っているのに、日本人でない。つまり、2世3世の特別永住者の方などがずっと悩んでこられた歴史を、今、中国その他の国から来日され、今後も定住してゆかれる方の子供たちの世代で繰り返されようとしています。

 早く帰化した方がいいのか、将来にわたって外国人として生きていくのか、自分たちの使う言葉のこともしっかりと考慮に入れた上で、将来の「しあわせ」のために、必死で考えて決断してください。

日本語条件上の補足事項

日本語条件についてのご相談

 日本語条件を満たしているのかというのは慎重な見極めが必要です。なぜなら、特別永住者以外の方では、他の帰化申請の条件よりも真っ先に、日本語が話せるかどうかの試問がなされ、日本語が十分でない方は、まず受付自体してもらえないからです。

 特別永住者以外の方の中でも、とくに次のような方は、要注意です。どうしても申請したい方は、法務局に行く前に相談会に参加された方が有利です。

  • 当初から「日本人配偶者等」の在留資格で来日した方
  • 日本に来て間もない時期から、同じ外国人同士で結婚し、家庭内で日本語を使っていない方
  • 外資系の企業に就職し、職場でも普段は日本語で会話する必要のない方

 申請支援センターでは、日本語要件を満たすか満たさないか、満たさない場合は短期間の訓練で満たせそうかそうでないかを判断し、わずかに足りない方が帰化申請をご依頼される場合は、申請支援センター独自のテキストにて短期特訓をいたします。市販のドリルなどでの訓練では、時間が掛かって仕方がないからです。

 
<ASC申請支援センターの帰化申請相談会について>

 帰化申請は集める書類も作成する書類もたいへん多く(約60種類)、また許可までの期間も非常に長く相談・点検・受付・面接などこなすべきイベントも多いので、個人ではなかなか困難な申請ですから、専門家の手助けが必要な際は、ぜひ申請支援センターにご依頼ください。
 しかしながら、ご連絡いただく方の3人に1人は、帰化要件を満たしておられない状況ですので、必ず「面談にて」状況をお聞きしないと、帰化申請の要件を満たされているか判断できません。
 ASC申請支援センターからの申請をされる予定の方については、毎週土曜日の相談会に参加することができます。相談会で帰化ができるかを判断してから受任することになります。
 毎週、午後1時、2時、3時、4時の四組のみですので、必ず電話予約の上、ご参加ください。
 帰化相談会予約専用電話 帰化相談会専用電話
 電話受付時間:午前9:00〜午後10:00(土日祝日OK)