帰化申請専門サイト/法務局への帰化申請について解説しています。

ASC申請支援センターだより/帰化申請情報など


 このページでは、ASC申請支援センターからのお知らせやご報告等をご紹介しております。

平成28年度大阪府行政書士会帰化申請専門研修のお知らせは次のリンクをクリックして下さい。
>>「平成28年度帰化申請研修 | 大阪府行政書士会主催」

20151011 帰化関連イベント情報記事


帰化申請実務研修を開催しました


 平成27年10月11日(金)大阪府行政書士会館において帰化申請書類作成実修を大阪府行政書士会新館本会大会議室にて開催いたしました。

 大阪府行政書士会国際部員に対しての帰化申請書類の書き方に関するノウハウを身に着けていただくための研修でしたので、国際部に登録されていない方は受講いただけない研修でした。

帰化申請書類作成実修2015

 例年2月か3月頃に開催している大阪府行政書士会の全体研修である帰化申請実務研修で講義をさせていただいていますが、最近の全体研修においては時間を短縮され基礎的な部分のみをやってくださいと依頼されていますので、帰化申請の流れと帰化条件と帰化申請必要書類の紹介だけで時間は終わってしまい、実際に「どのように帰化申請書類を書いたら良いのか」という詳細な研修はとてもできる状態ではありませんでした。
 そのため、毎年、全体研修の中では「書類の書き方を初めとしたもっと深い帰化実務の修業は、国際部に入会されて、その中でお互いに切磋琢磨して下さい。」と申し上げていたのですが、一方で国際部の研修プログラムの中でとくに「書類作成実習」というものはなかったので、なんだか嘘をついているような気分を感じていました。
 もちろん、行政書士の仕事のノウハウなんてものは座学の研修を聞いたところで何の進歩もないものですし、私自身も帰化申請について研修で教えてもらった事は無く、全て沢山の帰化申請をさせていただく中で、お客さんと法務局や内外の官公庁とのやりとりの中で培ったものですから、他人にそのノウハウをただで教えて差し上げる義理はありません。
 でも、性格上、うそつきになるのは嫌なので、この研修をするためにわざわざ世話人に手をあげて、自ら申し出て企画したものでありました。
 おかげで積年のあいだ、心の中に溜まっていた宿題をすることができて、気持ちがすっきりしました。ライバルは増えますが、法務局から「何も理解していない行政書士さん多いですね!」とお小言を言われるのが減って、大阪の各法務局・支局で「さすがは行政書士会」と言ってもらえるようになれば本望です。
 
<ASC申請支援センターの帰化申請相談会について>

 帰化申請は集める書類も作成する書類もたいへん多く(約60種類)、また許可までの期間も非常に長く相談・点検・受付・面接などこなすべきイベントも多いので、個人ではなかなか困難な申請ですから、専門家の手助けが必要な際は、ぜひ申請支援センターにご依頼ください。
 しかしながら、ご連絡いただく方の3人に1人は、帰化要件を満たしておられない状況ですので、必ず「面談にて」状況をお聞きしないと、帰化申請の要件を満たされているか判断できません。
 ASC申請支援センターからの申請をされる予定の方については、毎週土曜日の相談会に参加することができます。相談会で帰化ができるかを判断してから受任することになります。
 毎週、午後1時、2時、3時、4時の四組のみですので、必ず電話予約の上、ご参加ください。
 帰化相談会予約専用電話 帰化相談会専用電話
 電話受付時間:午前9:00〜午後10:00(土日祝日OK)